SSブログ
2021年04月| 2021年05月 |- ブログトップ

「CDジャケット展」出品作、ようやく形に…… [展覧会]

2021-05-15.jpg
どうにもこうにも、納得の行く状態になってくれなかった
「CDジャケット展」の出品作が、ようやく形になってきた感じです。
本当は周りの装飾は金属色にして、イコンのリザ風にしようかと思ったのですが、
白のままで良いような気がしてきました。
これから、もう少し手を入れてから、CDジャケットのデザインを施します。

アートで聴く「CDジャケット展」
会場:パレットギャラリー
〒106-0045 東京都港区麻布十番2ー9ー4
会期:2021年6月5日(土)〜13日(日)
open:11:00〜19:00(最終日17:00まで)
nice!(0) 
共通テーマ:アート

「CDジャケット展」DM [展覧会]

2021-05-08.jpg
「CDジャケット展」のDMが届きました!
素晴らしいメンバーに混ぜていただいての展示になります。
DMの作品は、まだ未完成で作品の部分の画像です。
すみません……。

アートで聴く「CDジャケット展」
会場:パレットギャラリー
〒106-0045 東京都港区麻布十番2ー9ー4
会期:2021年6月5日(土)〜13日(日)
open:11:00〜19:00(最終日17:00まで)
nice!(0) 
共通テーマ:アート

DIR EN GREYの新曲「朧」が届きました。 [音楽]

2021-05-07.jpg
ちょっと出遅れましたが、2日ほど前に購入した、
DIR EN GREYの「朧」が届きました。
日野まきさんのカバー作品も素晴らしい。

「朧」という字は「おぼろ」と読み、
すんなり読んではいましたが、書こうと思うと書けない。
「月」に「龍」って、すごく不思議な漢字。
「誰も見たことのないはっきりとしない様を表す」
「龍は誰も見たことがないもの」ということが成り立ちということですが、
本当だとしたら、なんともロマンチックではありませんか。

今、誰も見たことのない「一角獣」と「月」を描いています。
これもまた、「朧」なのかもしれません。
DIR EN GREYの世界観に浸りながら、
しばらくは「朧」なるものを追いかけたいと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

「一角獣」と「絶望」をテーマに [混合技法]

2021-05-03.jpg
描いている途中の絵は、ほとんど出来ているか、
油絵具が乾かず、次の作業に移れないものばかり。
新作を描くことにしました。

心折れることばかりが起きますが、絵描きは、
そんなマイナスのベクトルさえ作品に昇華できるというもの。
(勿論、それが他人に受け入れられるかは別ですが……)
折られた一角獣の角を持つ少女です。

先日、マンガ分野の先生に「生ハム(を削ったあと)の骨」をいただきました。
それを持ってみたら、物凄く重い。
蹄がついたままの骨は、生々しく、命の重みそのもの。
一角獣の骨も、きっと、少女が持つには重すぎるものでしょう……。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

2日続けてギャラリー周りでした [展覧会]

2021-05-02.jpg
2日続けてギャラリー周りでした。
一昨日は、牛島聖子さんの個展「Konjaku 」へ。
本当に久しぶりの代官山でした。
明るいギャラリーに映える、個展への意気込みが感じられる素敵な展示でした!

昨日の1箇所目は、豪華メンバーが出品されている「ファンタジック アート」展。
沢山の出品作を、わずか2時間の作業時間で展示されたそう。
見ごたえのある作品が、沢山でした!

2箇所目は、待ちに待った松本潮里さんの個展。
この緊急事態宣言下ですが、わざわざ上京されていてびっくりしました。
それだけ、気合が入った個展です。
松本さんの絵を拝見すると、私の絵の問題点があぶり出される感じです。

3箇所目は、ある紗さんの個展「楔の帰依」。
パッと見たところ、日本画のようですが、アクリル画でした。
マチエールも美しい作品群でした!

昨日は、3箇所で力尽きました。
本当は、あと3箇所行きたい展示がありました。
いや、もう体力的に無茶ですね。

緊急事態宣言中でしたが、基本、大きな公的な展示でない限り、
ギャラリーが密になることは珍しいのです。
個人経営のギャラリーは、入場料をとるところは殆ど無く、
ゆったりと作品を鑑賞することができます。
それに、企画展示をするようなギャラリーは、
オーナーの趣味が展示に色濃く反映されます。
お気に入りのギャラリーを見つけたら、
そのギャラリーに通ってみると楽しいと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

2021年04月|2021年05月 |- ブログトップ