SSブログ
創作人形 ブログトップ
前の10件 | -

「光輪」作り [創作人形]

2020-10-25.jpg
個展に出品する人形の為の「光輪」を作りました。

古びた感じを出すのが好きで、上司の北見隆先生より
「古っぽい仕上げ」を随分と勉強させていただきました。
この「光輪」にも、その成果がでているでしょうか? 

北見先生が、あまりに「古く見せる」ことに長けているので、
印刷物さえ古く見せることに成功(!!!)し、
個展のDMが、黄ばんだ古いものだと思われたことがあったそうです。
その境地には、まだまだ達していません。

この「光輪」も、最初に「石膏」を模したジェッソを塗り、
「箔下ボーロ」を模した赤茶色を塗り、
その上から箔(安めの真鍮箔ですが)を貼り、
汚しを入れ、クラック塗料を塗り、油絵具を塗って仕上げました。
数えてみれば6層(木を含めれば7層!)の構造になっています。
個展前のスケジュールの厳しい時に、何やってんだ……と自分でも思いますが、
ここまでやらないと、思った効果が出ません。

個展の搬入まで、およそ残り1ヶ月……。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

宝塚大学の授業で球体関節人形! [創作人形]

2020-09-25-03.jpg
世界的に活躍していらっしゃる人形作家・清水真理さんをお迎えし、
宝塚大学新宿キャンパスで球体関節人形の授業を行いました。
関西の美大では、おそらく2校ほど球体関節人形の授業があるのですが、
関東の美大では初めてだと思います。
サブカルチャーに強い、
宝塚大学新宿キャンパスならではの授業だと思います。

COVID-19のため、対面授業がなかなか実現できませんでしたが、
感染に対する事務方の努力もあり、
集中講座として実施することができました。
朝9:10から夜18:10……片付けも含めて、
毎回19:00近くまでというハードな授業でした。

昨日は、その最終日。
徹夜して作業を進めて来た学生もチラホラ。
講師も学生も、頑張った!!!

本当は、1体仕上げるのに60時間かかるそうですが、
1日8時間。6日間の集中講座で合計48時間の講座。
清水真理さんのパワーに押されるように、
ほとんどの学生が作り上げました。

学生、それぞれに「こだわりポイント」というものがあり、
見ていても楽しい授業でした。

1体作れば、作業手順やコツなど、かなりのことが分かります。
興味を持った学生が、何人でも続けてくれると嬉しいと思います。

私も、授業時間に1体作ろうと思って手をつけたのですが……。
2020-09-25-01.jpg
授業時間内は、全くと言っていいほど自由な時間が取れず、
昼休み以外は休憩も取れず、結局、家で進めました。
なんとか、仮つなぎまで。
2020-09-25-02.jpg
家で同時に、サーニット(樹脂粘土)を使った
天使の頭を作り始めたのですが、
やはりサーニットは写実表現に向いています。
作りやすいところがあります。

さぁて、来年、どうなりますことか……。
来年も、無事に球体関節人形の授業が出来ますよう。



nice!(0) 
共通テーマ:アート

人形の頭を進める [創作人形]

2020-09-11.jpg
ツイッターに、人形作家さんが作りかけの球体関節人形の頭をアップ。
それを見て、我慢できずに人形の頭部の作り込みをしました。

本当は、絵を描かないといけないのですが、
人形作りは「力を抜いていても出来る作業工程」があり、
力まずに始められます。

「やりたい事をやりたい時にするのが一番効率的」
という謎理論もあり……。

2020-09-11-02.jpg

学生にも教えないといけないし。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

レジンのドールアイ試作 [創作人形]

2020-09-08-01.jpg
何日かの格闘の末……
2020-09-08-02.jpg
ようやく「学生に教えても良いレベル」のドールアイが出来ました。
結局、市販のモールドを使い、
眼球も瞳もUVレジンで作るのが一番キレイに出来るようです。
虹彩は、樹脂粘土で作りました。

UVレジンで作れば、血管入りも、猫目も、
変わった色の目も作り放題です。

絵を描くのを忘れたわけではありませんが、
気圧のせいか体調が優れず、
集中力の必要な絵を描くことが出来ませんでした。
ドールアイの試作も終わり、台風も去ったので、
これから絵を描くのに集中したいところです。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

ドールアイの試作 [創作人形]

2020-09-06.jpg
大学で始まった球体関節人形の講座のために、
ドールアイの試作を始めました。

私は、グラスアイが好きなのですが、
グラスアイは自分の好きな色に出会うのが難しく、
自作するのも難しい……。
しかも高価な場合が多いので、学生達に購入を勧めにくい。

そこで、手軽に自作できる方法を勉強中。
白い樹脂粘土とUVレジンを使っているのですが、
やはり、なかなか難しい……。

今日は、眼球のモールドが届く予定なので、
そうすれば、少しうまく出来るようになるかもしれません。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

球体関節人形 [創作人形]

2020-09-03.jpg
大学で球体関節人形の授業が始まりましたが、
家で、一人でバンバン進めています。

本当は、タブローを描かないといけないのですが、
細切れの時間しか無く、なかなかタブローに集中できません。
その点、人形作りは単純作業(粘土を巻いたり、芯を抜いたり、大まかに削ったり)
に近い作業の時間があるので、ついつい人形に手を出します。
半分眠りながら作業している感じです。

また、学生は高価なグラスアイを買う余裕が無いので、
ネットで樹脂粘土とUV樹脂を使ったドールアイの作り方を調べたりしています。
自分は、グラスアイに拘っていましたが、調べてみると自分でも作れそうなのと、
自由な色やサイズで作れるので、これから樹脂粘土派になるかもしれません。

12月の個展でも、「人形を見たい」と言ってくださるかたもあるので、
タブローに手をつけられない言い訳にも……。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

パペット、可愛くなる予感。 [創作人形]

2020-07-21.jpg
大学で、学生に出している課題「パペット」を、自分でも制作中。
7週間で完成させてもらう課題です。
自分でも、7週のうちに完成させるつもりです。

先日の個展で、「今回は人形は無いんですか?」という声を、
何度かいただきました。
「そうかぁ、人形も求められているんだ」と、少し気を良くしておりました♪
12月の個展では、このパペットも出品するつもりです。

折角、12月に開催ですので、少し「クリスマス」らしい作品も出品予定です。
この子は、天使になります。
可愛くなる予感がします(笑)。

タブローでも、人形でも、時々「可愛くなる予感」があって、
そうなると長い道のりも楽しくなります。
「カワイイ」のが目的では無いのですが、やはり可愛いほうが良いですね。

さて、姉との二人展「高田明美・高田美苗 二人展 - Angel Mythos –」も
今週水曜日までです。
カワイイグッズが満載ですので、よろしければお気をつけてお越しくださいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「高田明美・高田美苗 二人展 - Angel Mythos –」

「魔法の天使 クリィミーマミ」など人気アニメのキャラクターデザインを手がける
イラストレーター高田明美と、少女をモチーフにした絵画、版画作品を手掛ける画家、
高田美苗の姉妹二人展を開催いたします。
原画展示や版画の販売に加え、イベント限定商品や人気アイテムを販売いたします。
高田姉妹の美しく幻想的な世界をお楽しみいただけるイベントです。
●会場
渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン
5階+Q(プラスク)グッズ イベントステージ
〒150-6101 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 
●会期  
2020年7月16日(木)~7月22日(水) 午前11時~午後9時
●特典
会場内にて税込3,000円以上お買い上げのお客様に、
特製ポストカードをプレゼントいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(0) 
共通テーマ:アート

「立体欲」が……。 [創作人形]

2020-06-22.jpg
※買い溜めた人形用のグラスアイ!!!

ずっと立体物を作っていなかったので、
このところ「立体欲」が出て来ています。

今回の個展でも「人形は無いんですか?」と訊かれることもあり、
「次回の個展には出します!」などとお答えしてしまいました。

次回の個展は青木画廊なので、出品するならばギャラリーの雰囲気に合わせ、
「手芸的なお人形」ではなく「アートな人形」にしないといけません。
ちょっとプレッシャーです。

幸い、人形作家の清水真理さんとご一緒に
大学で「球体関節人形」の授業が出来ることになったので、
私もそれに乗っかって、学生気分で人形を作ろうと思っています。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

ホシノリコさん個展初日と展覧会まわり [創作人形]

2018-11-03-01.JPG
私の「推し」の作家さん、ホシノリコさんの個展初日に行って来ました♪
美女、美青年…そして美少女(美幼女?)、キノコちゃん、
オブジェ、混合技法のタブローも勢揃いの個展です!
2018-11-03-02.JPG
2018-11-03-03.JPG
どれも美しいですが、最新作の美幼女のエクボにやられました☆

そして、銀座、京橋界隈のギャラリーをまわりました。
イトウジュンさん参加の「描くひと展」。
イトウジュンさんのバイタリティーを見習いたいです!

黒川晄さんの個展。
明暗のハッキリした風景に、明暗の弱い人体の組み合わせは上品で、詩情を感じさせます。

藤川奈々子さん、宝月輝さん2人展「SHIKISAI」。
藤川さんの緻密な作品にはびっくり!
宝月さんの半抽象の表現は見るものの想像力をかきたてます。

最後に、地元に戻って、雲母りほさんご参加の、
「ロード・ダンセイニ生誕140周年記念三人展」へ。
りほさんが教室で描かれていた作品も、新たな気持で「可愛い!」。

そして、今日、名刺をお渡しした方々から、私の絵が「怖い」というご意見(笑)。
周り中、幻想的な絵画の関係者が多いので、新鮮なご意見でした。
時々、そうやって一般的な評価をお聞きするのも良いことです。
自分の周りが同じ意見だと、別の価値観が耳に入ることは少ないのですよね。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

解剖人形に更に手をいれました [創作人形]

2018-08-13-01.jpg
先日、参加した清水真理さんの「解剖人形ワークショップ」の人形に、
更に手を入れて、金具を付けてあげました。

何十年も前に、イタリアの教会で初めて見た聖遺物。
聖人の骨など遺体の一部を、美しい細工で飾り立ててありました。
衝撃的でした。

少し、そんなイメージも入れて、
解剖人形を金属の細工物で装飾してあげました。

もともと、清水真理さんが解剖人形をつくられたもの、
フィレンツェにあるラ・スペーコラの人体解剖蝋人形から
インスピレーションを得られて……とのこと。

私も念願のラ・スペーコラには、数年前に初めて訪れました。
姉とともに行ったのですが、蝋細工の生々しさと美しさの混在した
不思議な人形(模型)でした。

私は美しさに魅入ってしまいましたが、
姉は「これって、実物を前にして制作したんでしょう?」と眉をひそめました。
あぁ……確かに。それが普通の感覚かもしれません。

そんな「普通の感覚」のかたは、下のほうに開腹した状態の画像がありますので、
スルーしてください。

















2018-08-13-02.JPG
nice!(2) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 創作人形 ブログトップ