SSブログ
球体関節人形 ブログトップ

立体期到来! [球体関節人形]

2022-08-06.jpg
タブローをどんどん描かないといけないのですが、
立体期に入ってしまい、どうしても立体物に手が伸びます。
でもまぁ、立体物も展示に出すので良いのですが……。
青虫の人形です。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

9月の展示の球体関節人形(ほぼ)完成!!! [球体関節人形]

2022-07-29.jpg
DMに間に合わせるべく、
9月の展示の球体関節人形を急いで(ほぼ)完成させました!!!
明日、陽の光で撮影してあげましょう。

また、大学の授業の参考にも……と作っていたので、
月曜日の最終回の授業には、持っていって学生たちにもお披露目。

もっとリアル寄りのイメージで作っていたのですが、
色を乗せてみると、計画と違ってドールっぽい。
なんだかガッカリしていたのですが、ずっと見ているうちに、
これも可愛いのでは……と思えてきました。
なので睫毛も長すぎますが、あえて切らずにドールメイクに。

大学の授業では、清水真理先生にお越しいただきご指導いただきましたが、
大学の都合で15回中3回しかお越しいただけないことに……。
仕方無く、You Tubeに球体関節人形の作り方を上げてくださっている、
てらおなみさん、玉青さんなどの動画を参考に、
随分と、手順を簡素化することに成功しました。

大きい人形はアリス、一緒に写っている小さい人形はキノコのイメージ。
キノコの上には、小さな青虫も付けました♪
2022-TAKADA-02.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:アート

球体関節人形、急ピッチで仕上げ中!そして、日本美術家連盟に入会! [球体関節人形]

2022-07-20.jpg
9月の二人展のDMに掲載する為の人形を、急ピッチで進めております。

色々と紆余曲折が有った後、
思いがけない大作家さんと二人展をさせていただく運びとなりました。

なんだかんだで、忙しさは大学の常勤と変わりません。
いえ、それ以上に予定を詰めてしまっているかも……。

また、大学退職後の寄る辺ない身でしたが、
この度、日本美術家連盟への入会を許可していただきました。
有難うございました。

面白そうな講義も無茶苦茶お安く受講できますし、
提携の画材屋さんの割引もききますし、美術館の入館が無料になったり、
本当に楽しみです♪

nice!(0) 
共通テーマ:アート

球体関節人形の仮つなぎ [球体関節人形]

2022-06-18.jpg
月曜日の授業の見本のために、球体関節人形を仮つなぎまで進めました。
バランスとしては まぁまぁでしたが、脚の長さが左右で少し違いました。

見本作りにこんなに時間をかけて……とも思うのですが、
そこは転んで(?)もタダでは起きません!
いつか、どこかで出品させていただきます。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

また、球体関節人形に逆戻り;; [球体関節人形]

2022-06-14.jpg
熱心な学生は、球体関節人形の授業の時に、
私の作りかけの見本を自分の机に持って行って
観察して制作しています。
なので、進めておかないわけに行かなくなっています;;

来週は、清水真理さんをゲスト講師にお迎えし、仮つなぎの予定です。
なので、私も仮つなぎが出来る状態にしておこうと頑張りました。
授業を終え、家に帰り、家事をし、少し休んだ後に、
朝の5時近くまで作業して、かなり進みました。
仮つなぎまで、あと一歩です♪

今回は、人形作家の、てらおなみさんのYou Tubeにも助けられ、
かなり手順を簡略化することが出来ました。
関節の球体の簡単な作りかたは、とても助かりました。
また、私の人形では、スチロール芯を使ったのは頭部だけです。
他のパーツは、スチロールを削らずに作りました。

絵を描いているときには、すぐに集中が途切れてしまうのですが、
立体物を作っていると、何時間でも集中して作れます。
どうやら、(出来は兎も角)立体制作のほうが、
平面よりも向いている気がします。


nice!(1) 
共通テーマ:アート

見本の教材の球体関節人形を進めています [球体関節人形]

2022-06-03.jpg
耳を別パーツで作るやり方が上手くいき、ご機嫌です♪
全身のバランスも、大体、良くなって来たので、
このあたりで本当に絵に戻りたいです;;
ここまで進めていれば、作業が進んでいる学生の参考になるはず!
nice!(0) 
共通テーマ:アート

球体関節人形に逆戻り;; [球体関節人形]

2022-06-02.jpg
「もう、絵に戻らないと間に合わないっ!!!」という事で、
しばらく絵の創作に戻っていたのですが……。
月曜日の授業で学生に「今日は見本の人形は無いんですか?」と言われ、
やはり見本が有ったほうが良いかと思い直しました。

前々回は、作りかけの見本を持って行ったのですが、
学生が見ている様子もなく、無駄なことをしている気がしました。
でも、見てくれている学生も居たんですね〜。
次回、持って行けるように進めています♪

作業が早い学生は、身体の作り込みも始めています。
そろそろ、耳の作り方も教えたほうが良いようです。
耳というのは、とても複雑な造りをしていますし、
左右で大きさや形を揃えるのは至難の業。
自分で作る時には力技で作ってしまいますが、
初心者に教えるとなると、なるべく簡単に出来る方法を模索します。

今はYou Tubeなどで、懇切丁寧な作り方の動画もアップされています。
耳も、頭とは別に作って、後から付けるやり方も見つけました。
自分でもやってみたところ、とても作りやすい!!!
アウトプットの為のインプットが大いに必要な年になりました。
大学からの要求が、年々厳しくなっているので自衛策です;;


nice!(1) 
共通テーマ:アート
球体関節人形 ブログトップ