So-net無料ブログ作成

画集『箱庭のアリス』のデータがほぼ完成!!! [本]

2020-01-25-01.jpg
3月に発売される予定の、画集『箱庭のアリス』のデータが、ほぼ完成しました!!!
北見隆先生による、素敵デザインの表紙!!!
2020-01-25-02.jpg
そして、建石修志先生による序文、オビの推薦文!!!
パッケージは、しっかりと良いものになりました!!!
中身は……とにかく、人生最後の画集になると思うので、
(本当は、最後になって欲しくないけれど)
後悔の無いように、入れたい絵はすべて入れました。

発売は、3月下旬です。
どうぞ、待っていてくださいね!!!

記念展は6月。
個展は12月。
展覧会場で販売いたしますが、待てないかたは、
アトリエサードの通販サイトか、書店でご注文くださいませ。
http://www.a-third.com/top.html

何卒、よろしくお願いいたします。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

漫画版『人は見た目が9割』と『アストライアの天秤』 [本]

2019-09-26.jpg
宝塚大学マンガ分野の竹内一郎教授より、ご著書をいただきました!
漫画版『人は見た目が9割』は、大ヒットしたご著書のコミカライズ。
主人公が学校の先生なので、勉強になることも多く……。

会議の座席の順番のエピソードなどは、身につまされることも(笑)。

そういえば、画廊のオーナーが、
「絵が売れる壁ってあるんだよね」とおっしゃっていた事があります。
グループ展でのオーナーの“贔屓”を訊くのは申し訳ない気がして、
具体的にどこの壁かは訊きませんでしたが、
絵にも「主張する立ち位置」があるのかもしれません。

なんとなく、「会場に入って正面」が良い位置だと思っていたのですが、
オーナーの口ぶりからして、そうでも無いようです。


ところで、新作もボチボチ描いています。
この画像の背景に写っている線画は、多分、今後、重要なポイントになる作品です。
混合技法で仕上げます。
お披露目は、12月の個展になります。

鉛筆画でも、同じテーマの作品を描く予定です。
そちらは、来年4月のお披露目になります。



nice!(1) 
共通テーマ:アート

清水真理さん、宝塚大学「ExtrArt FILE 19」掲載 [本]

2018-12-23-01.jpg
「ExtrArt FILE 19」に、人形作家の清水真理さんと
宝塚大学からマンガ領域、イラストレーション領域が参加した
イタリアのイベント情報を掲載していただきました。

2018-12-23-02.jpg
北見先生、私の作品も大きく載せていただいております。

イタリアで暖かく迎えていただいた渡伊メンバーの様子が伝わって来ました。

このイタリアのイベントのご報告は、
1月末に宝塚大学新宿キャンパスのロビーに展示される予定になっております。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

『クロニカ 太陽と死者の記録』 Kindle版発売! [本]

2018-12-04.png
※画像はAmazonよりスクリーンショット

以前、私がイラストレーターをしていたころ、
装画を担当させていただいた粕谷知世さんの『クロニカ—太陽と死者の記録』が、
アマゾン(電子書籍)で買えるようになりました。
第13回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作品です。

イラストレーターをしていて一番楽しかったのは、
世に出る前(書籍として書店の店頭に並ぶ前)の本を、
いち早く読むことができたことです。

この本の装画を担当させていただいてから、本当に長い時間が過ぎましたが、
行ったことが無い南米の空気を身近に感じながら、
ワクワクしながら、主人公と共に彼の地を走ったことを思い出しました。

粕谷さんよりご連絡いただいて、早速、アマゾンで購入。
スピンオフの「月の卵」という物語も収録されているそうです。
こちらは、私が絵に描く女の子の雰囲気がある……ということで、それも楽しみ♪

本当に面白いので、沢山のかたに読んでいただきたいです!!!

惑星と口笛ブックス
https://twitter.com/p_a_w_books/status/1069466649370083328

クロニカ 太陽と死者の記録 Kindle版https://www.amazon.co.jp/dp/B07L2K996B/
nice!(1) 
共通テーマ:アート

「TH76号」にホシノリコさん [本]

2018-10-27-01.jpg
「TH76号」をお送りいただきました。
ホシノリコさんの作品が4ページに渡って紹介されています。
私が少しだけお手伝いした作品集の出版情報と、個展の情報も掲載されています♪
2018-10-27-02.jpg

ホシノさんの制作姿勢を表現する言葉に「祈り」という言葉を見つけ、
何やら勝手に自分との共通点を見つけて、密かに喜んでいます。

私も、以前から「小さな祈りのように絵を描きたい」と
制作姿勢について語ってきました。
そして、その祈りは何かを天使のように
繋いでくれているのかもしれません。

この「TH76号」の特集も「天使/堕天使」。
自分の画集のテーマも、天使を中心に据えようかと考えています。

nice!(2) 
共通テーマ:アート

ホシノリコさん作品集「蒼燈のばら」 [本]

2018-10-24.jpg
ホシノリコさんの作品集「蒼燈のばら」の、
デザインを担当させていただきました。

店頭に並ぶよりひと足早く、見本誌をいただきました。

果たして、私がデザインを担当させていただくことがベストかな……と、
少し悩ましく思ったりもしましたが、素晴らしい人形作家さんの活動を、
少しだけ後押しすることが出来たのではないかと自負しています。

さて、次は私の画集も進めないと。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

豆本型ケース入り蔵書票の準備完了! [本]

2018-08-23.jpg
9月の「蔵書票の宇宙 2018」展に出品する「豆本型ケース入り蔵書票」の準備ができました。
絵柄は4種類です。
コーネル装っぽい仕立ての小さなケースに、
蔵書票50枚入りで、使い出がタップリです♪

すべて手作業で作っておりますので、少ないもので3つ、
多くても5つしかご用意できませんでした。
手間がかかり過ぎるので、売り切りで、増産はいたしません。

3,000円(税込)で、お値段がはると思われるかもしれませんが、
本革を使用し、上質な和紙を使用しておりますので、ギリギリの価格設定です。

銅版画を辞めて久しいのですが、
こうやって蔵書票の展示に呼んでいただけるのですから、有難いことです。
新作の銅版画の蔵書票が無いので、
苦肉の策で、近作のタブローをジクレーにしたものと、
その絵柄の蔵書票の展示販売になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)

トークイベント 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(3) 
共通テーマ:アート

「不思議の国のアリス」は「爱丽丝梦游仙境 」 [本]

2018-08-21.jpg
「不思議の国のアリス」の中国語版は、2種類ほど出版されているようですが、
1種類は売り切れ、もう1種類も残部1冊のものを購入しました。

後期の授業で「不思議の国のアリス」を絵本仕立てで描いてもらう課題があります。
急激に増えた中国からの留学生に、どのように課題を理解してもらうかも工夫のしどころ。
日本語で「不思議の国のアリス」を読むのは厳しいかと思い、
なんとか中国語版を探したというところです。

中国人留学生が書く論文は、段落の文頭が2文字ぶん下がっていることがありますが、
どうやら中国ではそれが決まりごとのようです。
こちらも学ぶことが多いです。

nice!(2) 
共通テーマ:アート

イラストレーション領域作品集『シェイクスピア』 [本]

2017-12-02.JPG
今年のイラストレーション領域の作品集『シェイクスピア』が出来てきました!
今回、課題作品が立体か半立体……という指定があったので、
既存の作品も立体(サーニット人形)で揃えました。

この作品集は、宝塚大学新宿キャンパスの行事などで配布されます。
ご興味あるかたは、オープンキャンパスなどにお越しいただければ幸いです。

学生作品のみならず、講師陣や、客員研究員である建石修志先生の作品も掲載されています♪
nice!(0) 
共通テーマ:アート

「ephemeral〜少女たちの領域 2017」作品集 [本]

2017-09-18.JPG
※左が2015年版、右が2017年版です。

今回も、全作家の作品(全作品ではありません)が掲載された
「ephemeral〜少女たちの領域 2017」作品集が発売されております。

2年前の作品集の表紙と比べると、参加作家が随分と増えているのに気が付きました。
本当に、どの作家さんも素晴らしい作品です!
また2年後にお声がけいただき、この素晴らしいメンバーに加えていただけると嬉しいです♪

会場では、2015年版と2017年版の両方をご購入いただけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ephemeral〜少女たちの領域 2017」展

会場:みうらじろうギャラリー
http://jiromiuragallery.com/exhibition/past/20170916ephemeral.html
会期:2017年9月16日(土)〜10月9日(月・祝)
open:12時〜19時 月曜・火曜休(祝日は開廊)

オープニングレセプション 9月16日(土)17時〜19時

出品作家(ABC順)
足立絵美、Nicoletta Ceccoli、Amy Crehore、深瀬優子、後藤温子、濱口真央、
樋上公実子、平野実穂、加藤美紀、小暮千尋、黒木こずゑ、くるはらきみ、桑原聖美、
Selena Leardini、松本潮里、水野恵理、Virginia Mori、むらいゆうこ、永見由子、
永吉友紀、中井結美、小川香織、おざぶ、佐久間友香、佐々岡まゆこ、Amy Sol、
高田美苗、Ania Tomicka、鳥居椿、上田風子、吉井千恵

作品の販売について
初日の9月16日12時30分にくじ引きでご購入いただく順番を
決めさせていただきます。
一巡後、メールでいただきましたご希望の方にメール到着順でご紹介します。
その後は、先着順でご希望を承ります。
出品作品は、12日中にホームページにアップしたします。
くじ引きにご参加いただく方以外の受付はメールに限らせていただきます。
メール受付: info@jiromiuragallery.com ご不明の点はお問合せ下さい。 “ephemeral ‾Territory of Girls” 16 Sat. September - 9 Mon. October, 2017 open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00 The Artists : Emi Adachi, Nicoletta Ceccoli, Amy Crehore, Yuko Fukase, Atsuko Goto, Mao Hamaguchi, Kumiko Higami, Miho Hirano, Miki Katoh, Chihiro Kogure, Kozue Kuroki, Kimi Kuruhara, Satomi Kuwahara, Selena Leardini, Shiori Matsumoto, Eri Mizuno, Virginia Mori, ,Yuko Murai, Yuko Nagami, Yuki Nagayoshi, Yumi Nakai, Kaori Ogawa, Ozabu, Yuka Sakuma, Mayuko Sasaoka, Amy Sol, Minae Takada, Ania Tomicka, Tsubaki Torii, Fuco Ueda, Chie Yoshii About the sales system of the work at this exhibition. The turn of purchasing the works will be decided by lottery at 12:30 on September 16, the first day of the exhibition, at the gallery. After the first round, the purchase requesters by emails can buy the works by the arrival order of each email. Then we will accept requests on a first-come-first-served basis. We will put the list of works on our website on 12th. We will accept the requests only by an email. Email : info@jiromiuragallery.com
nice!(0) 
共通テーマ:アート